Untitled


gkojax:

Nightvision
Monday: Taiyo Yamamoto

gkojax:

Nightvision

Monday: Taiyo Yamamoto

(Source: motionaday)

— 56 minutes ago with 38785 notes
"

日本の戦争に関連してよく誤解されていることを簡単にまとめてみる。




【3】『靖国参拝は軍国主義の象徴ではない』
「戦争を起こした張本人の位牌がある墓に行くのは軍傾化だ」と靖国批判 する者がいるが、勉強不足の事実誤認である。

まず
靖国に位牌はないし、 墓でもない。神器と戦没者名簿だけがあり、戦死者の魂が眠る場所で 「二度と戦争はしない」と誓う場所。日本の戦後60年を軍国主義とする 国は200近い国連加盟国で中国と朝鮮だけ。日本は「国際紛争を武力で 解決することを禁止する」という世界でも珍しい(※)平和憲法を持ち、武力の代わりに 経済発展することで台頭し、平和に貢献してきた。

同時に、
実際に一度たりとも 戦争をせず、誰一人戦死者も出していない。だが、日本の戦後60年について 中国は「全く」、韓国も「ほとんど」教科書に載せていないため、彼らは今でも 日本が軍国主義の国だと認識している。

要するに
中国や韓国が靖国参拝を 批判してるのは『“戦争”や“平和”とは無関係な別の理由』からである。 (つまり参拝を止めたところで昨今話題の「反日」は無くならないのである)



※ちなみにコスタリカも永世非武装中立を宣言して「常備軍を持たない」と憲法で定めている。日本と異なり形の上では中立国だが、 集団的自衛権を認め、非常時には徴兵により軍隊を組織する憲法がある。法規的には日本のほうが徹底しているといえる。

"
— 17 hours ago with 25 notes
"裁判中は嘘をついていた人たちも裁判が終わった後に自分の行為を恥じ、
法の概念そのものを冒涜した自分たちの判決の正反対の発言したのだ。

それほどまでにデタラメな裁判によって
日本は犯罪者に仕立てあげられてしまったのである。


ちなみに戦後のアメリカの議事録によれば、アイゼンハワー共和党政権下の
副大統領だったニクソンは占領時に憲法制定し日本に押しつけたことを
日本の国会で公式に謝罪している。

また、アメリカ共和党の大物下院議員だったハミルトン・フィッシュは
著書の中で当時の共和党下院議員の90%が日本との戦争に反対していた事実を
明らかにしており、ハルノートを指して「これによって日本には、自殺するか、降服するか、
さもなくば戦うかの選択しか残されて無く日本を戦争へと追い込んだ」
と強く批判している。


そして中国と韓国だけがそれを忘れたフリをして因縁をつけているのである。"
— 17 hours ago with 57 notes
"その01:おもちゃ買うなら山口屋(やまぐちや)。
その02:ファミカセ買うならチャリで祐天寺まで遠征してファミコンハウス。
その03:さらに遠征して学芸大学のドラゴンまで行くと最強。
その04:ミニ四駆買うならチャリで恵比寿まで遠征してミスクラことミスタークラフト。
その05:中目黒に初めてハンバーガー屋ができた時は感動のあまり行列。ちなみにベッカーズ。
その06:駅前のラーメン屋「ラーメン横丁」が『アッコにおまかせ!』の「生放送で出前をとる」みたいなコーナーに出てきたときは感動。
その07:30年くらい前は、いま中目黒ゲートタウンが建っているあたりに「うどん玉だけを売るお店」とかもあった。
その08:中目黒駅すぐ近くにあったオシャレなレストラン「ジロー」のハンバーグは美味かった。
その09:中目黒駅すぐ近くで美味しい “洋食” を食べたいとなったら「サワダ」。
その10:ライフ2階の洋服コーナーでクラスメイトに会うと恥ずかしい。
その11:小学校の「街のお店や工場とかを自由研究」みたいな課題で、チーズケーキで有名な「ヨハン」を見学しに行くと、おみやげにチーズケーキがもらえて嬉しかった。
その12:小学校の「街のお店や工場とかを自由研究」みたいな課題で、烏森神社近くの「あんこ工場」を見学しに行くと、あんこがパンパンに入った「業務用あんこ」がもらえたんだけど、使い道に少し困った。
その13:目黒銀座の真ん中あたりにある書店「ミツノ」の古ぼけた木の香りが最高。
その14:実は中目黒には駄菓子屋がメチャクチャあった。
その15:最もアツかったのは目黒川沿いにある駄菓子屋。店主は漫画家「鈴木義司」によく似た、滅多に笑わないハードボイルドなおばあさん。
その16:山手通沿いの上島珈琲とブックオフの間を入った先にある小さなクリーニング屋さんも、実は昔は駄菓子屋だった。
その17:今から27年くらい前に、上記の駄菓子屋のオッチャンから「今までありがとうね。もうウチ、終わりだから好きなもの持って行っていいよ」と言われた時、もうオッチャンに会えなくなるのかと思って泣きそうになったが、数カ月後にはクリーニング屋のエプロンをつけたオッチャンが同じ店舗の中にいた。
その18:目黒銀座の古本屋に行くと、まるでDJがレコードを物色するような熟練の手つきでエロ本を選んでいるオッサンがいたが、よく見ると私の父だった。
その19:上記とは違う目黒銀座の古本屋に行くと、まるで考古学者が古代の書物を吟味するような真剣な目つきで劇画調のハードコアなエロ漫画を選ぶオッサンがいたが、よく見ると私の父だった。
その20:駅近くの「不二家」が入ってたビルの2階にあった本屋「書宝堂(しょほうどう)」のアダルト雑誌コーナーでピカピカの新品エロ雑誌を選ぶオッサンがいたが、よく見なくても父だった。
その21:東急ストアのすぐ近くにあった「サンリオショップ」的なお店のニオイは独特だった。なんというか、匂いつき消しゴムの香り。
その22:その昔、駅のガード近くには歩道橋があったのだが、そのすぐそばに店を構えていた薄汚い本屋は、すべての雑誌をフライング販売してくれる貴重な存在。
その23:その薄汚い本屋のアダルトコーナーは、他店には置いていないようなマニアックかつ過激な本ばかり並んでいたが、そこでは父を見かけなかった。
その24:昔は目黒川もドブみたいでメッチャ臭かった。
その25:台風が来るとウーウーと警報が鳴り響き目黒川が氾濫。
その26:おそらく中目黒で一番最初にオシャレな風を呼び寄せたのは「TOLLFREE(トールフリー)」っていう洋服屋さん。すべてが衝撃的だった。
その27:ライフの向かいに、両隣をパチンコ屋に挟まれた瓦問屋があった。
その28:オッチャン駄菓子屋の近くに畳屋なんてのもあった。
その29:山手通沿いに「アイスクリーム巻き」なる邪道メニューが評判の回転寿司屋があった。
その30:上記の回転寿司屋で「マグロ」を注文したら、大将が「アイヨッ! マグロ1丁!」と元気よく叫びながら冷蔵庫から「東急ストア」とラベルの付いた家庭用のマグロパックを取り出し、それを切り、握り、威風堂々と「へい、マグロおまち!!」とドヤ顔で出してくれたのは最高の思い出。
その31:しかも困ったことに、その回転寿司屋は他のどんなネタよりも「アイスクリーム巻き」が一番うまい。
その32:何かと目印になるのが「アートコーヒー」。
その33:サーティーワンを出て公衆便所も通り過ぎた先にある「真っ暗すぎる荒れ放題のガード下」は臭すぎるうえに頻繁にネズミを目撃した。
その34:中目黒駅前図書館の漫画コーナーは、今考えると『漂流教室』や『サバイバル』など名作マンガが充実しまくりのセレクション。
その35:毎年9月ごろ、ライフ近くの「城南信用金庫の屋根付き駐車場」を使って行われる「上三町会(かみさんちょうかい)」のお祭りは神輿の荒っぽさも含めて激アツ。
その36:日の丸、ペンギン、キング、名前忘れたけど駅近くの地下など、駅のまわりはゲーセン選び放題。
その37:ゲーセンに行くのが怖い小学生とかは、東急ストア前に設置されたゲーム筐体、目黒川沿いの駄菓子屋、もしくは目黒銀座の山口屋でアーケードゲームをプレイすることになる。
その38:よく見かけるのが「極悪」という落書き。
その39:やたら存在感があったゲームセンターペンギン前にあったオレンジ色の「コスモ」の自販機。
その40:今で言うところのドン・キホーテ的な、なんでも売っている「OPS(オーピーエス)」っていう名前の店があった。
その41:ライフ前にあったパン屋「ペニー」のショコラパンは美味かった。
その42:ちょうどいま中目黒ゲートタウンが建っているあたりに店を構えていた「中村屋」のオヤジが欽ちゃん(萩本欽一)に似ていた。
その43:ちょうどいま駅前にあるバベルの塔みたいなデッカくて細長いビル(中目黒アトラスタワー)のあたりに、魚に強い「ウオツネ」というスーパーがあった。
その44:目黒銀座の脇にある細長い公園は、ムシムシした夏になると、なぜかモワッとウンコ臭い。
その45:東急ストアの脇にあった小汚い焼き鳥屋さんの換気扇から漂うモクモクとした焼き鳥のニオイを嗅ぐと腹がへる。
その46:ちょうどいまデッカいツタヤがあるあたりに、ウナギみたいな顔をした大将がいるウナギ屋さんがあったのだが、そこのウナギ弁当が信じられないほど激うま。
その47:目黒銀座の奥の奥に巨大なレンタルビデオ店「アコム」が登場した時の衝撃。
その48:まさか千代田生命保険本社ビルが目黒区役所になるなんて想像もしなかった。
その49:ライフでよく流れていた「ララ〜ライフ♪ ライライララ〜ライフ♪」みたいな歌が好きだった。
その50:私が中目黒から引っ越した直後からオシャレになり始めたような気がして、なんだか悔しい。"
— 17 hours ago with 19 notes